FC2ブログ
腐男子でショタコンな管理人による日記帳です。様々な事に手を出し、幅広く活動して行こうかと思います。現在はニコニコ動画・ゲーム・コミック&ノベルなどを取り扱っております。twitterで活動してるので更新頻度が落ちてます。
2018/10«│ 2018/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:38:58
古色迷宮輪舞曲~HISTOIRE DE DESTIN~古色迷宮輪舞曲~HISTOIRE DE DESTIN~
(2012/07/27)
Windows

商品詳細を見る


<ジャンル>:サウンドノベル+α
<個人評価>★★★★★

発売から約半年以上経ちましたが
学校の友達が凄い薦めてくるのと、時間が出来たこともあって
手を出してみました。

20時間ほどでCG・回想フルコンプでした

基本「エロゲー」と呼ばれる物はやらない質なので
ゲームシステムに惹かれてやってみました。
絵も好みだったので(主に雪月原画

最初システムに惹かれてやってみたゲームでしたが
ストーリーにグイグイ惹きつけられて、2転3転するストーリーに
一気にプレイしましたね。
そして中盤からクライマックスに至るまでの大どんでん返し。
「なんでいきなり声ついたの?バグ?」と思い、
そして恭平と同じでなんとなーく、自分の行人のイメージに合わなかったので
一端は声を消しましたが・・・まぁ、後半ね。付けたよね
久々にサイレントヒル並のラストのいい意味での裏切りが素敵でした。

ネタバレと考察をするので畳みます

まずは、ストーリーを純粋に楽しんだ感想を。
まず舞さんは名前からして完全に核心的な何かを持っているとは予想出来ていた。
最初この話自体が全て舞さんのシナリオ通りで黒幕かなーとも思ったけど
・・・まぁ、結果的に裏で思い通りにキャラを動かしてたのは舞さんになるんですけどw

ボイスの演出と、行人と向き合うCGの演出は良かったと思います。
わかり易かった、けどわざわざ死ぬと思わせる必要があったのか?とは疑問ですが
「行人は死んだはずなのに、今『考えている』のは誰?」とプレイヤーに理解させるため?

しかしやっぱり天然な舞さんが好きですねー。
キャラは何だかんだで皆好きでしたね。そして本編が終わるまでに何人もの女性と関係を持っていくのですが
いわゆるキャラルートの一貫ではちゃんとそのヒロインの魅力に触れていて良かったです。
まぁ、美星は悲劇のヒロインで歪んだ加害者、で終わってましたけどね。
一葉に「代わりに死んでくれ」って言って「はい!」って言う姿だけは泣きそうになった・・・

何だかんだで最後はやっぱ咲が可愛かったかな。
ゲーム始めた当初は美月さんが泥棒ボコボコにするとこで「マジイケメン!!」って思ってたんですけど

ゲームシステムに関しては、紅茶入れると死ぬゲームではあるんですが
それこそ、その部分を少し手荒なチュートリアルと思えば
そこまで難しいゲームでは無かったですね。
と言うか運命量の調節なんてそれこそその部分でしか使いませんでしたけどね・・・
中盤以降はBAD直行の即死か、一番面倒なのは男爵の材料買い出しでサキの事故位か・・・
アレは攻略有りきな気もしますが
後半辺りはもう飽和しまくりで、行人がシナリオでポンポン事象移動でたらい回しにされて
死ぬぐらいですしねー
でも面白かったです


・・まぁ、キーワードの見つからない最後の一個が「一人エッチ」だったのは笑いましたが。
舞さんとこでそこまで言わせて初めてコンプなんだなて
全部集めて、一人エッチイベント出るのかと思ってたんですよ・・・







ストーリーはシュタゲを思い浮かべてもらうとストーリーの最後辺りは理解出来易いかと思います。
このゲームでは「クオリア」と言うキーワードを強調していますが
分かりやすく言うと「観測」でしょうか。

人によって観測することで、それは事実では無い。運命では無いものも真実になる。と言う考え方
今回は舞さんが、ほとんど「神」に近い絶対的「観測者」が
いるのでその考察が果たして正しいのか分からないですが
多分言ってる事を理解するとそんなトコだと思います


プレイヤーは観測者として「運命の輪」の外側から来た。
それは「狂った運命の輪の中の人」だとやっぱり狂ったままだから
外部からの刺激が必要だったって事で良いのか?

あと事象の解釈だけど
結局平行世界みたいな考え方で良いのかな?
結局「咲」がいる事象と「サキ」が箱で届く事象を最終的には行き来してた訳でしょ?

主観を移動するのは「その場」だけであってそこからずーっとでは無いみたいですね
美月の過去を知ろうとして、行人が過去に遡った時に美月に三月ウサギの記憶は無かったから

また、舞さんの「観測」は事象移動なども自由に出来る能力なのか、それとも全ての事象で同期させてるのか、
それともその場限りで、行人や美月の事情などを「観測」して把握するのかってトコも結局疑問が残った

此処ぞとばかりに疑問点ばっかぶつけますけど
結局「ガールズインザミラー」前辺りでの喫茶店徘徊で、舞さんの部屋で
ぬいぐるみに注視するシーンがあったけど、アレもよく分からなかったなー
アレは行人が作った木箱のぬいぐるみとは無関係だったわけでしょ?

日曜大工のフラグは実は序盤の日常パート「美月と甘味」で伏線が張られてたりました


最後にサキの箱のトリックですが
舞さんはサキ(咲)が「生」の状態を知っている
行・月組は箱を開けた瞬間「死(人形)」と観測
当の箱の中の咲は実際は箱が開くまでは「いない(主観の喪失)」
というシュレディンガーの法則で
あべこべに成ったのがサキ・・・と言う事でいいのかな

また後半の行人達は、「何度も行き来して来た行人」が必要だったから
ループして、舞さんと接触するまで が一連の事象の流れになっていたのか?
と言うことはループしてこそ今回の事象を引き起こしたって事だったのかなー

ストーリーは大きく分けて3つ
青ルート:日常パート→帽子屋→サキに会うまで
緑ルート:咲とサキが同時に存在する事象→狂った輪の修正
赤ルート:ロストルート。ちなみに一番最初のルートで皆を外へ連れ出したのは恐らくこの行人

後日談が緑ルートの二回目で隠しエンディングフラグとか分からんよ・・・
最後はやっぱ美月の狂った世界のルートがトゥルーと言う形になるのかな。
それともアレもキャラエンドの一つなんだろうか、一応あそこが最後に見た星→月コインで
タイトル画面のサキが赤髪咲になったんだけど・・・

舞さんの解体は、「世界」を知るって言う人間の愚かさを謳ってたなぁ。好奇心猫をも殺す
でも解体したのが「脳」だったのは何か意味があるのか?
考え方や、それこそ「クオリア」を知りたかったって事か。
もし「世界」や「画面」の向こうを見たいのであれば、目を解析するべきだったのでは と考える。


エロゲに関しての審美眼は中々良いのでは?と自負してきましたw
前やったのがバルドスカイだったしねw
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://darkprince57.blog109.fc2.com/tb.php/2089-edb85344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ショタロット(♂)

Author:ショタロット(♂)
広く浅くと言った感じで、ゲーム・アニメ・BLCD・漫画・ノベルと幅広く扱っていこうと思います。でも基本腐ってますので、ご注意を

最近の記事
カテゴリー
ゲームリスト+リアル+マイリス
↓自分のやったゲームレビュー。
↑ニコニコ動画のマイリス。
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
twitter
リンク
素敵リンク様達
♥リア友
★相互リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ ブログランキング・にほんブログ村へ p-netbanking 月刊アクセスランキング ブログ王
ランキングサイト様達です。 応援お願いしますっ!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。